神奈川県にはエコカラットを使用した住宅が多いです - 住宅の床にフロアコーティングを施工する埼玉の業者

神奈川県にはエコカラットを使用した住宅が多いです

subpage-img

LIXILが提供している壁材にエコカラットがあります。

エコカラットは、多孔質セラミックスなのでです。
1ナノメートルという極めて小さな孔を持つ原料を加工して、室内の壁に貼るようにしたものです。
この孔に空気中にたまっている湿気が出入りすることで、湿度を適度な状態に保つ働きをするとされています。


このように、エコカラットは、調湿建材としての登録を取得しており、日本全国の家庭で快適な室内を作り出すことに寄与しています。



とりわけ、日常生活の中心であるリビングや寝室、子供部屋、洗面所などで喜ばれています。
美観的な面でのインテリア性も兼ね備えていますので、見た目の美しさもあります。


昨今、シックハウス症候群が社会問題になっています。



新しい住宅の中で、目や喉が痛んだり、喘息発作やアトピーの悪化などの症状が出てくるものです。これは室内空気の汚染が原因になっているものと考えられていますが、家の気密性が高まったことによって汚染物質がより室内にこもりやすくなり、それが症状を加速させているとの見方もあります。エコカラットは、健康被害をも防ぐ効果が期待されており、普及している理由の一つとも言えます。神奈川県は、東京都に隣接しており、東京都に次いで二番目に人口の多い県です。


また、神奈川県の人口密度は三番目、県内総生産は四番目の位置にあります。

県内には、横浜市や川崎市などの先進的な工業エリアも有しています。



そんな神奈川県でも、エコカラットを使用した快適な住宅が多く建てられています。

top